プレスルームメディア情報

上期は売上・利益とも過去最高

 株式会社シノケングループ(福岡市中央区天神1丁目、篠原英明社長)の1~6月上半期連結決算は、売上高が前年同期比35・5%増の493億8600万円、経常利益は同30・1%増の60億2100万円で前年同期に続いて上期としては売上高・利益ともに過去最高となった。
 アパート販売が61・4%増の271億9100万円と大きく伸び、全体でも前年同期を大きく上回ったが、篠原社長は「上期で売上高500億円台に乗せたかった。アパートの引渡しで期ずれもあり、わずかに下回ったが、右肩上がりで推移しており、後半はさらに伸ばしていけるだろう」と話している。セグメント別売上高は、アパート・マンションの不動産販売事業が38・8%増の365億6700万円、不動産管理関連事業は22・9%増の50億900万円、ゼネコン事業は30・1%増の65億3000万円、LPガス・電力小売のエネルギー事業は38・7%増の6億1700万円、介護事業は18・2%増の5億8600百万円、海外などその他の事業は33・5%増の7400万円と全事業部門で前年を上回った。
 また上期末の自己資本比率は、29・3%と2016年度末より3・7ポイント上昇。「今期末には30%超となる見込みで、19年度末には4割超えを目指す」(篠原社長は)という。
 今期は、売上高は前期比29・2%増の1050億円、営業利益は10・7%増の117億円、経常利益は11・2%増の110億円、当期純利益は17・1%増の78億円を見込んでいる。

ふくおか経済 2017年10月号