プレスルームメディア情報

地場賃貸仲介会社をグループ化

 株式会社シノケングループは8月、不動産賃貸仲介の株式会社アーウェイ・ミュウコーポレーション(ミュウ社:福岡市南区大橋1丁目、内田和文社長)の株式を取得するとともに、ミュウ社の種類株式による第三者割当増資を引き受け、グループ会社化した。
 グループ内のリーシング力強化や既存事業とのシナジー効果を見込んだもの。両社は創業時からの取引関係もあり、ミュウ社の仲介店舗をアンテナショップとして、様々なニーズをタイムリーにデータ化・分析し、シノケンが供給する投資用アパート・マンションの企画・開発に反映することや、シノケングループの賃貸管理物件の入居率(2017年3月末時点で平均98・9%※自社開発物件)を、ミュウ社仲介店舗によってさらに向上させることなどを目指している。
 ミュウ社は現在福岡都市圏に13店舗を展開しているが、シノケングループからの出資金を活用して店舗網の拡大を進め、今後1年以内に福岡で5店舗程度の新規出店、3年以内に総店舗数30店舗以上の体制構築を目指す。その後、東京、名古屋、大阪、仙台での店舗網の展開も企図しているという。
 ミュウ社は1992年8月設立、社員数は94人(7月時点)、賃貸仲介店舗を福岡都市圏に13店舗、鹿児島市に1店舗のほか、売買事業部、法人営業部を店舗展開している。

ふくおか経済 2017年10月号