プレスルームメディア情報

入社時に1カ月分給与をプラス シノケングループの介護事業会社

 シノケングループは2月から、介護事業のグループ会社に入社した社員に1カ月分の給与を前払いで支給する制度をスタートした。
 介護事業スタッフの待遇アップのため。入社後1週間程度で1カ月分の給与を前払い、その分は以降3年間で分割返済とするが、分割返済と同額「新生活支援手当」として補助するため実質的には返済負担がなく、1カ月分の給与を入社直後にプラスして支給することになる。
 同社では「介護事業の平均月給は全産業平均の約7割程度といわれており、転居費用や就業後、最初の給与支給までの一時的な資金負担などから、就職に二の足を踏んでいるケースも想定される。今回の『新生活支援制度』を『週休3日制』に続くシノケンの働き方改革第2弾として今後も介護職員の待遇改善を目的とした諸施策を検討したい」としている。
 シノケングループでは㈱シノケンウェルネス、㈱フレンド、㈱アップルケアの3社で介護事業を展開しており、まずは介護実務を担うフレンド、アップルケアの2社に2月以降入社の社員が対象となる。

ふくおか経済 2018年4月号