PRESS ROOM メディア情報

東京の建設会社を子会社化

シノケングループ マンション建設を内製化

 投資用アパート・マンション販売の子会社を傘下に持つ㈱シノケングループ(福岡市中央区天神1丁目、篠原英明社長)は2月7日、東京都の建設会社・㈱小川建設(田下宏彰社長)の株式を間接的に取得し子会社化、投資用マンション建設の内製化によるコスト競争力の強化を図る。
 小川建設の資本上位会社である資産管理の㈱吉村商会(東京都新宿区四谷1丁目、吉村元久社長)の全株式を2月7日に取得し、その子会社である㈱ヨシムラ・RE・ホールディングス、孫会社の小川建設、㈱小川建物(不動産開発・販売)の4社をいずれも完全子会社とした。また、ヨシムラ・RE・ホールディングスは東証ジャスダック上場企業・㈱プロパストの株式15・41%を保有する筆頭株主であるため、今回の吉村商会株式の取得によってシノケングループがプロパストの筆頭株主となった。さらに同日付で吉村商会を㈱SKG NEXTに、ヨシムラ・RE・ホールディングスを㈱SKG INVESTに社名変更した。取得費用は、吉村商会の株式取得価格が25億2000万円、アドバイザリー費用約8500万円を含め約26億500万円となる。
 シノケングループでは、「投資用アパートの建築工事は当社グループ内で行っているが、投資用マンションの建築工事は事業主として外部ゼネコンに発注している。今回、小川建設を子会社とすることで投資用マンション建築工事の一部を内製化し、コスト競争力を強化するとともに、小川建設が持つ関東一円の営業拠点を活用して、土地所有者への投資用賃貸住宅の提案強化も可能になる」としている。
 小川建設は1909(明治42)年創業、1924(大正13)年5月設立、資本金9500万円、従業員87人、2014年3月期の業績見込みは、売上高65億円、当期純利益6500万円。

2014年2月11日号