PRESS ROOM メディア情報

第1四半期は大幅増収増益

 株式会社シノケングループ(福岡市中央区天神1丁目、篠原英明社長)の3月第1四半期連結決算は、売上高が前年同期比39・5%増の114億4100万円、経常利益は54・5%増の15億9600万円で大幅な増収増益となった。
 当四半期は、投資用マンション販売が前年同期より30戸増え、四半期としては最高の196戸となったほか、2月に買収した東京都の総合建設業・株式会社小川建設の売り上げが加わって大幅な増収、利益面も営業利益が62・4%増の17億2300万円、四半期純利益も36・3%増の10億8200万円と、利益はすべて四半期過去最高となった。これにともなって第2四半期の業績予想を上方修正、売上高は期首予想比30億円増の190億円、経常利益は7億円増の21億円とした。通期業績予想の変更はないが、売上高350億円(前期比34・8%増)、経常利益31億円(同16・2%増)当期純利益21億円(3・6%増)と、売上高、利益ともに過去最高を見込んでいる。
 篠原社長は「好調の要因は、社員のがんばりもあるが、東京オリンピック開催決定やアベノミクス効果など外的要素が強く、不動産だけでなく他の業種も同様なので冷静に受け止めている。また今期業績は過去最高を見込んでいるが、これも同じ要因で、今後2~3年は続くと見ている。もちろん業績向上の好機なので、乗り遅れないよう、かつ足元をすくわれないような戦略を進めていきたい」と話している。

2014年7月号