PRESS ROOM メディア情報

シノケン、名古屋で拡販 マンション、管理会社買収

 マンションの販売・管理を手掛ける中堅不動産シノケングループは17日、連結子会社のシノケンアメニティが名古屋市のマンション管理会社「マンションライフ」を子会社化すると発表した。名古屋圏でのマンション販売を強化するため、管理部門を自前で提供できる体制を整える。販売部門と管理部門の相乗効果で安定的な収益確保を狙う。30日付でマンションライフの全株を取得する予定だ。
 シノケングループは名古屋に2004年に進出した。アパート販売や賃貸管理を担ってきたが、同グループが開発し、10月に竣工予定のマンションで新たにマンション管理業務を始める。管理体制の強化によって名古屋での投資用マンションの継続的な供給を目指す。
シノケングループは、すでに東京都や福岡県では約2000件のマンション管理実績がある。買収後はマンションライフの管理事業を引き継ぎ、管理戸数は2800件程度に増える見通しだ。

2014年9月18日朝刊