PRESS ROOM メディア情報

シノケングループ、インドネシアに進出

 シノケングループの小川建設は、インドネシアの建設会社「PT.MUSTIKA CIPTA KHARISMA」とアドバイザリー契約を締結した。シノケンはアセアン諸国で事業を展開しており、14年にはシンガポールの不動産会社を子会社化。インドネシアでもマーケティング調査を行い、小川建設がまず進出するのがベストだと判断した。小川建設は、MUSTIKA社が現地で受注した工事のアドバイザーとなり、現地企業との関係強化も図っていく。今年中に現地法人設立も計画している。

2015年4月8日号