PRESS ROOM メディア情報

シノケングループ、アパート販売過去最高で増益

 ▽業績=売上高288億3900万円(前年同期比42・3%増)、営業利益39億円(39・6%増)、経常利益38億6800万円(48・0%増)、四半期純利益26億2700万円(59・1%増)▽部門別売上高=アパート販売122億1800万円(156・2%増)、マンション販売80億2000万円(2・6%減)、ゼネコン45億7100万円(16・6%増)、不動産賃貸管理31億3700万円(19・7%増)、金融・保証関連2億9500万円(31・2%増)、介護関連1億6300万円(83・7%増)、その他4億3100万円(10・3%増)▽通期業績予想=売上高520億円(30・9%増)、営業利益58億円(22・4%増)、経常利益55億円(27・8%増)、当期純利益37億円(28・2%増)。
 アパート販売棟数が前年同期比92棟増の170棟となり、四半期別で過去最高の販売を達成。半年で前年の販売棟数(171棟)に迫った。受注残も257棟(前年同期181棟)あり、好調な販売状況が続いている。アパートの年間販売計画は300棟。

2015年8月17日号