PRESS ROOM メディア情報

篠原社長が筆頭株主に シノケングループ

 投資用アパート・マンション販売、株式会社シノケングループ(福岡市博多区博多駅南1丁目)の篠原英明社長が12月6日付けで同社の筆頭株主になった。同社に出資していたNISバリューアップ・ファンド2号事業組合の解散に伴うもので、篠原社長の出資比率は変わらない。
 同社は08年秋のリーマンショックにより09年3月決算で大幅に業績が悪化(最終損失約41億円を計上)。同年7月にNISバリューアップ・ファンド2号事業組合の出資を得て、その後業績を回復してきた。今回同組合が解散し、組合の各出資者がそのまま株を保有するため、篠原社長の出資比率は18.32%で筆頭株主になった。

2011年2月号