PRESS ROOM メディア情報

地盤改良会社とシノケンが提携

 総合不動産業のシノケングループ(福岡市)は12日、地盤調査・改良のサムシングホールディングス(東京)と資本業務提携を結ぶと発表した。シノケンがサムシングの第三者割当増資を引き受けて発行済み株式の21.27%を取得し、持ち分法適用会社とする。取得額は約3億円で、9月末を予定。
 シノケンは、国内外で展開するアパートやマンションの開発で相乗効果を見込んでいる。

西日本新聞 2016年9月13日号