PRESS ROOM メディア情報

インドネシアでアパート開発

 株式会社シノケングループ(福岡市中央区天神1丁目、篠原英明社長)は、インドネシアの首都ジャカルタで投資用アパート開発を開始した。
 100%子会社の現地法人・シノケンデベロップメントインドネシアが開発・販売する。第1号物件としてジャカルタ中心部に用地651㎡を取得、RC(鉄筋コンクリート)造地下1階地上4階建、ワンルーム65戸のアパートを建設している。完成は来年2月の予定。2号物件も同都心部に352㎡を取得済みでRC造地上4階建、ワンルーム36戸を8月ごろ着工、来年5月に完成予定となっており、いずれも販売先は決まっているという。同社が日本で展開するブランド「ハーモニーテラス」を現地仕様にした「桜テラス」のブランド名で展開していき、初年度の開発は5~6棟、30億円程度を見込み、2020年度までには100億円規模に引き上げていく考え。
 篠原社長は「インドネシアの人口は2億5000万人で、50%が30歳未満と若者の比率が高い。物件の販売価格は日本円で億単位になるが、日本国内のアパート以上の利回りが見込める」と話しており、今後ASEAN諸国での展開も視野に入れている。

ふくおか経済 2017年7月号