PRESS ROOM メディア情報

シノケンが2本社制に 11月に東京にも開設

 投資用不動産のシノケングループは11月に、2本社制を導入する。現在の福岡本社に加え、東京都内にも本社を設ける。投資用物件の販売が好調な首都圏での営業拡大や人材採用、情報発信の強化に繋げる。
 東京・港の東京オフィスを移転し、同区に建設中の日本生命浜松町クレアタワーの20階に入居する。東京オフィスはこれまで4つのフロアに分かれていたが、移転に伴い1フロアに集約。都内にあるグループ会社の管理部門を集約し、業務の効率化を進める。
 シノケンは首都圏を中心にこれまで、投資用物件を3万戸以上販売してきた。東京本社の新設に伴い人員を現在の1.5倍にあたる300人規模に増強し、営業力の強化も図る。

日本経済新聞 2018年3月3日朝刊