PRESS ROOM メディア情報

連結売上高が1000億円突破 シノケングループ

 投資用アパート・マンション販売の子会社を傘下に持つ㈱シノケングループ(福岡市中央区天神1丁目、篠原英明社長)の17年12月期連結決算は、売上高が初の1000億円超となる1059億3600万円(前期比30・3%増)、経常利益は23・3%増の122億100万円で初の100億円突破となった。増収増益は8期連続、利益も6期連続で過去最高となった。
 主力の不動産販売事業のうち、アパート販売が前期比48・2%増の613億6800万円と大幅に伸び、マンション販売も2・7%増の182億900万円と好調だった。さらに不動産管理関連事業21・7%増、ゼネコン事業15・2%増、LPガス供給販売などのエネルギー事業41・2%増、介護事業20・4%増と各セグメントで売り上げは2けた以上の伸びとなった。
 篠原社長は「アパート販売を筆頭に各事業が順調に伸び、目標の一つであった売上高1000億円突破を達成することができた。また経常利益も100億円を超え、記念配当も出せた」と話している。
 今期連結業績は、売上高は前期比13・3%増の1200億円、営業利益は4・5%増の135億円、経常利益は8・2%増の132億円、当期純利益は8・4%増の92億円を見込んでいる。また今後も好調な事業が継続すると予想しており、今期から2020年度までの3カ年業績見通しを上方修正、最終年度には売上高1500億円、営業利益160億円、経常利益158億円、当期純利益110億円を予想しており、さらに自己資本比率40%以上(前期末29%)、実質無借金経営を目指すとしている。

ふくおか経済 2018年4月号