PRESS ROOM メディア情報

海外ゼネコンを子会社化

 投資用アパート・マンション販売の子会社を傘下に持つ㈱シノケングループ(福岡市中央区天神1丁目、篠原英明社長)は3月、インドネシアのゼネコンを連結子会社化し、現地での不動産開発、販売、施工の一貫体制を構築した。
 同国のPT Mustika Cipta Kharisma社(ムスティカ)で、2015年にはグループの㈱小川建設が同社とアドバイザリー契約を結び駐在員事務所も開設、ムスティカによる公共工事などの受注を進めており、シノケングループも現地法人シノケンインドネシアを設立して昨年から現地でのアパート開発・販売事業をスタート、小川建設が施工協力する形で現地での事業を展開してきた。
 今回ムスティカを子会社化することで、今後はムスティカによる施工が可能になり、現地での開発から施工までの一貫体制が構築できる。
 篠原社長は「物件が完成した後は、賃貸管理やリーシングも自社でできるため、日本国内と全く同じビジネスモデルを展開できる。またムスティカは、小川建設のサポートによって高速道路など公共工事や発電所建設の仕事が取れ始めており、ムスティカ独自の受注にも伸びしろがある」と期待している。

ふくおか経済 2018年5月号