PRESS ROOM メディア情報

上期売上高は18.5%増

 ㈱シノケングループ(福岡市中央区天神1丁目、篠原英明社長)の1~6月上半期連結決算は、売上高が前年同期比18・5%増の585億4000万円、経常利益は同3・1%増の62億1200万円で売上高・利益ともに過去最高、また9期連続の増収増益となった。
 アパート販売が24・3%増の337億9900万円と大きく伸びた。セグメント別売上高は、アパート・マンションの不動産販売事業が16・4%増の425億6900万円、不動産管理関連事業は26・8%増の63億5600万円、ゼネコン事業は20・3%増の78億6000万円、LPガス・電力小売のエネルギー事業は57・7%増の9億7300万円、介護事業は19・1%増の6億9800百万円、海外などその他の事業は10・4%増の8200万円と全事業部門で前年を上回り、営業利益は5・9%増の68億1300万円、当期純利益は2・5%増の42億700万円となった。
 通期では、売上高は前期比13・3%増の1200億円、営業利益は4・5%増の135億円、経常利益は8・2%増の132億円、当期純利益は8・4%増の92億円を見込んでいる。
 上期の業績について篠原社長は「経常利益は通年計画のほぼ半分で想定通りの業績。土地の割合が高い東京エリアの物件が増えて利益率はやや下がったが、利益額は計画通り。全部門が増収で通年計画に向けて順調に推移している」と評している。

ふくおか経済 2018年10月号