PRESS ROOM メディア情報

【月刊『ふくおか経済』】障がい者向けサービスの新会社

 ㈱シノケングループ(福岡市中央区天神1丁目、篠原英明社長)の子会社で、ライフケア事業を統括する㈱シノケンウェルネス(東京都港区浜松町2丁目、三浦義明社長)は2月12日、障がい者の自立訓練・就労移行支援事業、放課後等デイサービス運営の新会社を資本金2000万円で設立した。
 社名は㈱ルミナスで、本社はシノケンウェルネスと同所、社長は三浦義明社長が兼務する。ルミナスでは、シノケンウェルネスの子会社である㈱アップルケアが運営している粕屋町の放課後等デイサービス「キッズライフ東福岡」を承継し、今年夏ごろに東京で自立訓練・就労移行支援事業をスタートするための準備を進めている。
 シノケングループの篠原社長は「障がいのある若者たちへの支援活動は社会的意義のある事業であり、特に東京ではそのニーズが大きい。まずは東京で施設を増やしていく他、大阪や福岡なども視野にサポートしていきたい」と話している。

ふくおか経済 2021年4月号