PRESS ROOM メディア情報

名古屋でLPガス販売 シノケン 自社物件住居向け

 シノケングループは、名古屋地区でLPガスの販売事業を始める。このほど名古屋市にガス販売の専門会社を設立した。同グループが開発・運営するアパートやマンションなどの住居物件向けにLPガスの供給を行う。同グループがガス販売を行うのは福岡市に次いで二カ所目。
 グループ内で福岡地区向けにLPガス販売を手掛けるエスケーエナジー(福岡市)が昨年十二月に名古屋地区向けのガス販社「エスケーエナジー名古屋」(名古屋市)を設立した。当初四−五人程度のスタッフを配置し、四月一日から事業を始める。
 主に、シノケングループが開発したアパートや賃貸マンションなど約千五百戸にLPガスを供給。事業初年度は約五千−六千万円の売り上げを見込む。今後年間四百戸の新規受注を目指す考え。
 シノケングループは一九九〇年にエスケーエナジーを設立、同社の開発物件向けに福岡地区でLPガス販売事業に参入した。名古屋地区では地元のガス会社にLPガスの供給を委託していたが、今後の開発案件の増加を見込み事業参入することにした。
 シノケングループは今後、福岡と並び開発物件の多い首都圏でもLPガス販売事業を展開したいとしている。

平成20年2月19日火曜日付(朝刊) 日本経済新聞より