PRESS ROOM メディア情報

香港の不動産にシノケン出資

シノケンは二十一日、中国・香港の不動産業、ベターハウスグループに約四千七百万円を出資する、と発表した。出資比率は二十・五%。
国内の不動産投資熱の高まりで都市圏の地価が上昇、利回りが低下しているため、高利回りが期待できる上海や広州でオフィスビルや高層マンションの開発、仲介に乗り出す。上海に事務所を設立することも検討している。

平成18年8月22日火曜日付(朝刊) 日本経済新聞より