PRESS ROOM メディア情報

入居者の満足を追及して入居率アップ

インターネット端末無料配布や
オリジナルメンバーカードを展開。

(株)シノハラ建設システム(福岡市)は同社の管理する共同住宅に、テレビでインターネットを利用できる端末を全戸に無料配布、管理業務や入居者の生活をサポートするコンテンツ配信を(株)アリスネット(福岡市)と提携して開始する。また様々な特典を盛り込んだクレジット付きメンバーカードを国内信販(株)と提携して作り、入居率アップを支援する新たな取り組みを始めた。

◆「テレビでインターネット」を
実現する「canD」を全戸に無料配布
CanD同社が配布するのはアリスネットが開発した「canD」というインターネット端末。コンパクトな筐体とリモコンという構成で、これをテレビにつないで使用し、24時間つなぎ放題のサービスを無料で提供する。
これによって入居、家賃、契約更新手続きなど管理者と入居者の双方向のコミュニケーションを実現するコンテンツを提供する。またアリスネットが開発した「新着告知サービスシステム」の導入で、入居者に対しての「緊急のお知らせ」や「パーソナルな通知」を「canD」の通知ランプ点灯で告知するので、確実勝つ効率的に情報閲覧を促せる。このほかにもコンテンツは、ゴミ出しのルール、銀行やコンビニの場所のほか、テレビやラジオの番組表など、生活に密着した情報を充実させている。
2月以降に建築するマンション・アパートの全てに設置するとともに、既にある約2,000戸についても順次設置していき、年内に約1,000戸まで設置する予定だ。

◆入居者にお得な「TOKUTOKU CLUB」
画面 また同端末の設置と同時に入居者に快適な暮らしを提供するために、様々な特典を盛り込んだ「SHINOHARA TOKUTOKU CLUB」を展開する。国内信販と提携してクレジットカード機能付きのメンバーズカードを用意するほか、居酒屋の優待サービスなどの特典を企画している。

平成14年2月4日月曜日付 帝国ニュースより