PRESS ROOM メディア情報

短期賃貸マンション シノケン 上海で参入

 シノケングループは30日、短期賃貸マンション事業に参入したと発表した。中国・上海で日本人向けに営業を始めた。シノケンは上海で日本人向け賃貸住宅仲介事業を手掛けている。短期賃貸マンション参入で短期滞在から長期滞在まで幅広い需要を取り込む。
 24日に20室で営業を始めた。1泊当たりの料金は1DK(41平方メートル)が330~380元。1LDK(52平方メートル)は440~490元。
 従業員が日本語で対応するほか、テレビで日本語放送を見ることも可能。トイレには温水洗浄便座を設置するなど、日本人向けの設備を整えた。出発前に日本円で決済できるが、料金は別途設定している。
 年内に上海での短期賃貸マンションを50室に増やし、3~5年内に500室以上に拡大する。500室が稼動した際には、年間5億円程度の売上高を見込んでいる。

2012年5月31日号