ANTI SOCIAL FORCES POLICY 反社会的勢力に対する基本方針

1.基本方針

株式会社シノケングループ及び関連するグループ会社(以下、「当社」といいます)は、日本政府が定めた「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」(平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会申合せ)をふまえ、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対して毅然とした姿勢で臨み、公共の信頼を維持するべく、適切かつ健全な業務を行うことを宣言いたします。

2.組織としての対応

当社は、反社会勢力等からの不当要求に対し、役職員個人で対応させず、総務部及び社内コンプライアンス部門等が連携して、反社会的勢力から従業員の安全を確保いたします。

3.外部機関との協力体制

当社は、警察および暴力追放運動推進センター、その他行政機関、弁護士事務所等の外部の専門機関との緊密な連携体制を構築いたします。

4.反社会勢力との関係遮断

当社は、反社会的勢力等からの不当要求に関しましても、断固拒絶し、訴訟等を含めた対応をいたします。また、当社の契約書や取引約款等には、暴力団をはじめとした反社会的勢力を排除する旨の条項を導入し、反社会勢力との一切の取引関係を遮断いたします。